たるむ人、たるまない人|いったい何が違うの?

 

 

同じ年でも、老化の仕方に違いはあります。

 

「自分だけやたら顔がたるんでる気がする」「あの人は何でたるまないの?」と疑問に思ったことはありませんか?

 

そこでここでは、「たるむ人とたるまない人は何が違うのか?」について、考えられる要因を書いていきたいと思います。

 

あくまで一意見なので、へぇ~そうなんだ~程度にお読みください^^b

 

 

たるむ人・たるまない人|何が違う?

 

その1 顔のお肉の量

 

顔のたるみが気になるという方は、顔にお肉がたっぷり付いている方が多いのではないでしょうか。

 

顔にお肉が多くついていると、重力の影響で下に下がりやすくなりますし、たるんだ時に目立ちます。

 

じゃあ顔にお肉が付いていないとたるまないのか?というとそうでもないのですが、あるむものが少ない分、お肉たっぷりの人と比べて目立ちにくいという事はあります。

 

 

その2 表情豊か

 

顔がたるみにくい人は、

 

・よく喋る

・よく笑う

・よく表情が変わる

・よく噛んで食べる

 

といったように普段から表情筋をしっかり使っています。

 

休日も家にこもったりせず、外に出て人と会うなどしているので顔の筋肉が継続的に鍛えられています。

 

 

 

その3 顔立ち・骨格

 

骨格によって顔のたるみやすさは変わってきます。

 

キレイな卵型の人や丸顔の人はたるみが目立ちやすいといわれています。

 

卵型だとキレイだしうらやましがられますが、1番老化が目立ちやすい顔の形ということになります。

 

 

その4 美意識

 

最後は「美意識」です。これが1番大きいんじゃないでしょうか。

 

フェイスラインのたるみを普段から意識して、たるまないように気を遣っているとたるみを予防できますし、肌も若く保てます。

 

改善より予防の方がはるかに簡単なので、たるむ前に気を遣うことが大事なんですね。

 

今の顔のたるみが悪化しないように、今のままで食い止めるだけでも立派なたるみ予防になります。

 

紫外線対策や保湿ケア、表情筋トレーニングなどできることをコツコツ続けていきましょう。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

顔のたるみの出方は人それぞれですが、やっぱり1番の秘訣は「美意識を高く保ってたるまないように予防すること」ですね!

 

顔のたるみが加速しないように、こまめにケアをがんばりましょう^^!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です