顔のたるみを取る整形にはどんなのがある?

 

 

顔のたるみがどうしても良くならないときは、美容整形を受けるという手もあります。

 

スキンケアだけで限界を感じたときなどは、こういう方法もあるんだと知っておくだけでも、精神的に違いますよね。

 

このページでは「顔のたるみを取る整形」についてお伝えしていきますね。

 

 

 

顔のたるみを取る整形

 

リフトアップ

 

顔のたるみを劇的に引き上げるなら「リフトアップ手術」が効果的です。

 

メスを入れる手術にはなりますが、たるんだ分の皮膚を切除してしまうので、劇的にたるみがなくなります。

 

顔がちょっとどころじゃないくらい酷くたるんでいる場合は、リフトアップをすると劇的に変われます。

 

プチ整形とは違って効果が永久に続くというのも魅力ですね。

 

しかし、皮膚を切ってしまうので仕上がりが気に入らなくても元に戻せないことや、劇的に変わるため周りに気付かれたくない方にはオススメできません。

 

ちょっとだけ変わりたいという場合や仕上がりが気に入らなかったらもとに戻せるのが良い!という場合は、いきなりリフトアップ手術をするのはリスクが高いでしょう。

 

 

糸で引き上げる

 

顔のたるみをちょっとだけ引き上げたいという方は「糸で引き上げる」整形もあります。

 

顔の中に糸を入れて引っ張り上げる方法ですね。

 

リフトアップ手術のようにメスを入れるわけではないので、手軽にできると人気の高い施術です。

 

金の糸や溶ける糸など、いろんな種類の糸があるので自分のニーズに合ったものを選べます。

 

たとえば溶ける糸を使えば、時間がたてば溶けてしまうので体内に異物が残ることがありません。

 

そのぶん効果は一時的にはなりますが、ずっと体内に異物があるのは嫌という場合はむしろ好都合ですよね。

 

糸をいれるので、入れてしばらくは頬が突っ張るなどの副作用が出ることもあるようです。

 

でも、皮膚を切るわけではないので、リフトアップ手術よりはリスクが低そうですね。

 

「ちょっとだけ顔のたるみを持ち上げたい」という時に向いている方法です。

 

 

サーマクール・ウルセラ

 

「メスを入れるのも体内に異物を入れるのも怖い」という場合は、サーマクールやウルセラなどのマシンを当てるだけの整形がおすすめです。

 

エステのようにマシンを当てるだけなので整形といっていいのか分かりませんが、熱のエネルギーで肌のコラーゲン生成を促し、顔のたるみに効かせていく方法です。

 

1回数十万するので安くはありませんが、異物を入れたりせずにたるみを解消できる画期的な方法です。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です