たるみに効く化粧品の選び方|4つのポイント

 

 

年々ひどくなる顔のたるみ。

 

改善するには、ポイントを押さえて化粧品を選ぶことが大切です。

 

「たるみに効かせるために押さえておきたい化粧品選びのポイント」についてここではお伝えしていきますね。

 

ポイントを押さえて化粧品を選んで、今度こそたるみにガツンと効かせましょう!

 

 

たるみに効かせる!化粧品選びの4つのポイント

 

保湿成分

 

たるみに効かせるために、まず「保湿成分」がしっかり配合されているかチェックしましょう。

 

乾燥すると顔のたるみが加速してしまいます。

 

保湿成分はセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが代表的です。顔のたるみを改善するためにmこれらの成分がちゃんと配合されたものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

コラーゲンサポート成分

 

顔のたるみは「肌のハリ低下」によって起きます。

 

肌のハリを支えているのはコラーゲンなので、コラーゲンをサポートしてくれる成分が配合された化粧品がおすすめです。

 

たとえば、ビタミンCやレチノールなどの成分は、肌がコラーゲンを作りだせるようにサポートしてくれます。

 

年とともに肌のコラーゲンは減っていくので、こういった有効成分がきちんと配合された化粧品できちんとお手入れすることが大切になります。

 

 

 

配合量はじゅうぶんか?

 

「保湿成分」や「コラーゲンサポート成分」がじゅうぶんに配合されているか?も重要なポイントです。

 

ほんの少ししか入っていないとたるみに効かせられませんし、スキンケアの手間も無駄になってしまうからです。

 

成分表示をチェックして、なるべく前の方に「保湿成分」と「コラーゲンサポート成分」が書かれているものがおすすめです。

 

せっかく買ったのに…という事にならないためにも、購入前にしっかりチェックするようにしましょう。

 

 

続けられる価格

 

当たり前のことですが、スキンケアは続けてはじめて効果を得られます。

 

なので、ずっと使い続けられる価格の化粧品を選ぶことも大切ですよね。

 

でも、安すぎると成分がほんのちょっとしか入っていないこともあるので、安すぎるものはあまりお勧めできません。化粧水なら3000円以上が目安です。

 

プチプラは魅力的ですが、将来の肌のためにケチりすぎないように頑張りましょう!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

スキンケアは朝晩毎日するものですし、影響は計り知れません。

 

5年後・10年後に後悔しないためにも、しっかりポイントを押さえて化粧品を選んでいきましょう^^

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です