目の下のたるみは何でできるの?3つの原因と対策

 

 

年とともに目の下がたるんでくると、一気に老けてみえてしまいます。

 

目の下のたるみの原因と対策について

 

 

 

目の下のたるみの原因

 

肌のハリの低下

 

目の下がたるむのは、肌のハリがなくなったことが大きいです。

 

とくに目元は皮膚が薄いので、肌の中のコラーゲン量も少ないです。

 

誰でも25歳くらいから肌のコラーゲンは減ってくるので、目元の皮膚にハリがなくなってきます。

 

「加齢」と「紫外線」によって肌のコラーゲンが減ることで肌のハリは低下していきます。

 

目の下のたるみの最大の原因は、肌のハリ・弾力が不足していることです。

目元は皮膚がとにかくうすいので、お肌にハリを出しているコラーゲンの量ももともと少なく、ハリが失われやすいパーツなんですね。

コラーゲンがたっぷりあれば、肌にピーンとしたハリが出るのでたるむことはありません。

(※目の下のたるみに今すぐ実践したい3つのケアより引用)

 

筋肉の衰え

 

目元の筋肉が衰えたことも目の下のたるみの原因です。

 

筋肉が強いと肌をしっかり持ち上げてくれるので、たるみがひどくなることはありません。

 

加齢のほかに、スマホ・パソコンの使い過ぎでまばたきが減ったことなど、「習慣」によって目元の筋肉が衰えることもあります。

 

 

目の周りの脂肪

 

目の下がぷっくりふくらんでいる場合は、脂肪が原因です。

 

筋肉が弱くなって目の周りの脂肪が前に出てくると、目袋とよばれる目の下のたるみ・ふくらみが出来てしまうのです。

 

 

 

誤ったスキンケア・癖

 

目元にコットンを強く当てたり、クレンジングのときにごしごしこするなどの間違ったスキンケアで目の下がたるむこともあります。

 

目元は皮膚が0.8ミリしかないといわれ、ちょっとの刺激でも簡単に傷ついてしまうからです。

 

 

目の下のたるみを改善するには?

 

肌のハリアップ!

 

目の下のたるみを改善するには、肌のハリをアップさせることが大事!

 

肌のコラーゲンを増やして、ハリ感を復活させていきましょう。

 

効果的なのは「ピーリング」です。

 

※ピーリングとは、肌の表面に残っている古い角質を除去するスキンケアのこと

 

ピーリングをすると肌細胞が活性化され、コラーゲン生成を促すことができるんです!

 

 

目元の筋トレ

 

つぎに、目元の筋肉を強化してたるみを引き締めていきましょう。

 

まぶしい時の顔をイメージして、目をゆっくり細めていきます。

 

目の下の筋肉を意識しながら、目を閉じる寸前でキープ!

 

そのまま15秒以上キープしましょう。

 

スマホやパソコンを良く使う人はまばたきが少なくなっているので、こんな風に目の下の筋トレを習慣にすることをおすすめします^^!

 

 

まとめ

 

目の下のたるみについてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

 

目の下のたるみを進行させないためにも、できるだけ早くお手入れを始めていきましょう。

 

目の下のたるみを引き締めてクリアな目元を取り戻しましょう^^

 

 

頬のたるみはなぜ起きる?

 

 

頬がたるむと、一気に老けてみえてしまいます。

 

頬がたるむことで毛穴も目立つようになったりシワも出来たりしてしまいます。

 

頬のたるみの原因と対策についてみていきましょう。

 

 

頬のたるみの原因は?

 

肌のハリ低下

 

頬がたるむ最大の原因は「肌のハリ低下」です。

 

年とともに肌のコラーゲンが減ると、肌にハリがなくなってシワ・たるみが出来てきます。

 

若い頃は肌の中にコラーゲンがたっぷりあるのでピンとしたハリがありますよね。

 

しかし、加齢や紫外線によってコラーゲンが減ってくると、ハリを保てなくなってたるんでくるのです。

 

 

スマホ・パソコンのやりすぎ

 

スマホやパソコンをやりすぎると、頬のたるみを加速させてしまいます。

 

画面を見ている時って無表情ですし、顔が前に突き出た姿勢になっていますよね。猫背にもなりがちです。

 

無表情で姿勢が悪く、うつむいた姿勢で長時間いると、頬のたるみは悪化してしまいます。

 

 

表情筋を使っていない

 

普段から表情筋を使っていないと頬はたるみやすくなります。

 

モデルさんや女優さんは、撮影でにこっと口角をあげたりして表情筋を使ってるからなのか、顔がたるんでる人ってあまりいませんよね。フェイスラインがシュッとしてる人が多いと思います。

 

体と同じように、顔の筋肉(表情筋)も使われないと衰えていき、たるみにつながってしまいます。

 

 

頬のたるみを改善する方法

 

肌のハリアップ

 

頬のたるみを改善するには、肌にハリを出すことがまず大切!

 

AHAが配合されたピーリング化粧品でピーリングをしたり、コラーゲンの生成を促す成分が入った化粧品をつかうことで、肌のコラーゲンが増えてハリを出すことができます。

 

※ピーリングとは…肌の表面に残っている古い角質を除去するスキンケアのこと。

 

※コラーゲン生成を促す成分とは…肌のコラーゲン生成力をアップさせる有効成分のこと。レチノールやビタミンC誘導体などが該当する。

 

年と取るごとに肌のコラーゲンは減っていくので、コラーゲンを増やすスキンケアを取り入れることをおすすめしますよ^^

 

 

頬の筋トレ

 

筋肉が弱くても頬はたるむので、筋トレもしていきましょう。

 

普段から表情豊かに過ごすようにするだけでも違います。

 

あ・い・う・え・おの口を15秒ずつキープするあいうえお体操をしても良いですし、表情筋を鍛えられるグッズを活用しても良いですね。

 

筋肉を強化して、たるむ隙のないシュッとした頬を手に入れましょう^^

 

 

 

顔のたるみの意外な原因3つ|あなたは大丈夫?

 

 

「顔のたるみがひどい。ちゃんとスキンケアしてるのに何で?!」と困っていませんか。

 

このページでは「顔のたるみの意外な原因」についてお伝えしています。

 

自分は当てはまってないか?チェックしてみてくださいね!

 

 

顔のたるみの意外な原因3つ

 

姿勢の悪さ

 

意外かもしれませんが、姿勢が悪いと顔はたるみやすくなります。

 

猫背や”スマホネック”と呼ばれる顔だけ前に突き出た姿勢は、首の前側の皮膚を下へ下へと引っぱることになるからです。

 

全身の皮膚は1枚の皮でつながっているのでこんな事が起こるんですね。

 

猫背は見た目的にも良い印象を与えないですし、すぐにやめましょう。

 

姿勢よくシャキッとしていたほうが美人度もアップしますし^^!

 

猫背やスマホネックは顔をたるませる行為だと頭に叩き込んで、今日から姿勢を正していきましょう。

 

 

スマホの見すぎ

 

なんと、スマホの見すぎも顔のたるみを加速させてしまいます。

 

スマホを見てるときって、首が前に突き出てうつむいた姿勢になっていると思います。

 

これが、まさに顔をたるませる姿勢なんです!

 

無表情のまま下を向き続けると顔のたるみが進みますし、↑1でお伝えしたように首だけ前に出ているスマホネックの姿勢は首の皮膚に負荷をかけるので、たるみが悪化してしまうからです。

 

スマホに夢中になっていると姿勢も無意識に”だらん”としてしまいますが、できるだけ意識していきたいですね!

 

気付いた時にシャキッと背筋を伸ばすようにするだけでも違いますので、気を付けるようにしましょう。

 

 

肌の乾燥

 

そして、肌の乾燥も顔のたるみを進めてしまいます。

 

乾燥した空間にいると、肌の中からうるおいがどんどん蒸発していきます。

 

「バリア機能」とよばれる、乾燥や刺激から肌の内部をまもる機能も弱くなってしまうので、コラーゲンも破壊され顔のたるみが進んでしまうのです。

 

肌のコラーゲンが減るとハリ・弾力がなくなるので、しわ・たるみが出来てしまいます。

 

大事な大事なコラーゲンを守るためにお肌の乾燥は大敵なんですね。

 

朝晩しっかり保湿化粧品でケアをして、日中もお肌が乾燥しないように湿度などに気を遣っていきましょう^^!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

当てはまるものはありましたか?

 

普段の習慣のせいで顔のたるみを加速させないためにも、ご参考になれば幸いです♪

たるみの大きな原因は紫外線だった!その怖さと効果的な対策

 

 

紫外線は「美肌の大敵」 です。シミだけでなく、シワやたるみを作るのも紫外線の仕業です。

 

その威力は絶大なので、きちんと対策しないと将来猛烈に後悔することに…。

 

紫外線と顔のたるみについて、その怖さと効果的な対策をここではお伝えしていきますね!

 

 

紫外線は顔をたるませる

 

一口に「紫外線」といっても、UV-A波、UV-B波、そしてUV-C波の3つのタイプがあります。

 

そして、このうち地上に届くのがUV-AとUV-Bの2つだけ。

 

日焼けした後に肌が赤くなったり火照ったりするのはUV-Bの仕業で、肌を黒くしたりシミの原因になります。

 

でも、このUV-Bはまだ、すぐ肌に症状が出るのでアフターケアなんかもしやすいんですよね。

 

問題なのはUV-Aです。UV-Aは、浴びた後に肌が火照ることもなければ赤くなることもないのに、じわじわと肌のコラーゲンを壊してシワ・たるみを作ってしまいます。

 

本当、たちが悪いですよね!

 

UV-Aを浴びても、すぐに肌に変化がないのでわかりにくいんです。でも、肌の中は確実にコラーゲンが破壊され、たるみを加速させているんです。

 

 

 

 

紫外線を効果的にカットする方法

 

たちの悪いUV-Aを効果的にカットするには、以下の3つの方法がオススメです。

 

その1 PA値の高い日焼け止め

 

UV-Aを効果的にカットするには、PAが高い日焼け止めを使うと効果的!

 

日焼け止めのパッケージにはSPFとPAが記載されていますが、UV-Aを強力にブロックできるかはPAの横の+が多いか?で決まります。

 

PAの横に++++と+がたくさんついているほど、UV-Aに強い!ということ。

 

今度から日焼け止めを選ぶときは、SPFだけでなくPAにも注目してみてくださいね!

 

 

その2 日焼け止めはたっぷり

 

そして、日焼け止めはたっぷり塗るようにしましょう。

 

塗る量が少ないとUV-Aをしっかりブロックできません。

 

意外と、塗ったつもりになっている人は多いですが、顔全体で500円玉ほどの量を塗ってちょうどくらいです。

 

手に出してみると結構多いですが、これくらいしっかり塗ったほうが、UV-Aをカットできます。

 

その3 こまめに塗り直す

 

そして、日焼け止めはできるだけこまめに塗り直すようにしましょう。

 

できれば2時間おきくらいに塗り直すとカンペキ!

 

顔だけでもこまめに塗り直して、たるみの原因を徹底的に排除しましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

紫外線は目に見えないのに、肌の大事なコラーゲンを壊してしまうんですね。

 

完全にカットするのはなかなか難しいですが、できるだけの対策をすることで長い目でみて肌に差がついてきます。

 

将来もっと顔がたるまないように、紫外線対策はしっかりおこなっていきましょう!

 

 

 

 

たるむ人、たるまない人|いったい何が違うの?

 

 

同じ年でも、老化の仕方に違いはあります。

 

「自分だけやたら顔がたるんでる気がする」「あの人は何でたるまないの?」と疑問に思ったことはありませんか?

 

そこでここでは、「たるむ人とたるまない人は何が違うのか?」について、考えられる要因を書いていきたいと思います。

 

あくまで一意見なので、へぇ~そうなんだ~程度にお読みください^^b

 

 

たるむ人・たるまない人|何が違う?

 

その1 顔のお肉の量

 

顔のたるみが気になるという方は、顔にお肉がたっぷり付いている方が多いのではないでしょうか。

 

顔にお肉が多くついていると、重力の影響で下に下がりやすくなりますし、たるんだ時に目立ちます。

 

じゃあ顔にお肉が付いていないとたるまないのか?というとそうでもないのですが、あるむものが少ない分、お肉たっぷりの人と比べて目立ちにくいという事はあります。

 

 

その2 表情豊か

 

顔がたるみにくい人は、

 

・よく喋る

・よく笑う

・よく表情が変わる

・よく噛んで食べる

 

といったように普段から表情筋をしっかり使っています。

 

休日も家にこもったりせず、外に出て人と会うなどしているので顔の筋肉が継続的に鍛えられています。

 

 

 

その3 顔立ち・骨格

 

骨格によって顔のたるみやすさは変わってきます。

 

キレイな卵型の人や丸顔の人はたるみが目立ちやすいといわれています。

 

卵型だとキレイだしうらやましがられますが、1番老化が目立ちやすい顔の形ということになります。

 

 

その4 美意識

 

最後は「美意識」です。これが1番大きいんじゃないでしょうか。

 

フェイスラインのたるみを普段から意識して、たるまないように気を遣っているとたるみを予防できますし、肌も若く保てます。

 

改善より予防の方がはるかに簡単なので、たるむ前に気を遣うことが大事なんですね。

 

今の顔のたるみが悪化しないように、今のままで食い止めるだけでも立派なたるみ予防になります。

 

紫外線対策や保湿ケア、表情筋トレーニングなどできることをコツコツ続けていきましょう。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

顔のたるみの出方は人それぞれですが、やっぱり1番の秘訣は「美意識を高く保ってたるまないように予防すること」ですね!

 

顔のたるみが加速しないように、こまめにケアをがんばりましょう^^!